痛みに耐える必要はもうありません

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

女性は痛みに強くできているという話はよく聞きます。

そうでないと出産の苦労に耐えられないからなんでしょうね。

あとは生理痛も重い人は重いですし、女性の方が痛みに直面することが多いせいなのかもしれません。

その分実は頑丈にできているのは女性の方だったりするのかもしれませんね。

おしゃれの面でもピアスを開けたりすることもありますが、女性でもいっぱいピアスを開けている人も見かけます。

このごろはタトゥーを入れている女性も多くなった気がしますし、度胸があるのも女性なんでしょうか。

身だしなみの1つとして脱毛をする人も増えていますが、昔は脱毛というとかなり痛いものとして認識されていたようですね。

年配の女性はいまだに「脱毛」というと、大変な苦労をするものだというイメージがあるみたいです。

でもこういうサイトを見れば、現在の脱毛の技術が進歩していて安く施術が受けられるのがわかります。⇒http://www.safety-21.com/

大きな街にならどこにでもある、というくらいサロンの数は増えてきているようですし、情報量も多くなったので、初めての人でも行きやすくなっていますよね。

今や、大きな決心をしないと行けないという所ではなくなってきているんです。

そのせいか男性の脱毛経験者もひそかに増えているみたいですね。

痛みを経験しなくてもできる、というのも男性にも受け入れられているポイントなんでしょうか。

脱毛サロンでは、永久脱毛をすることが出来ます。

永久脱毛をすると、脱毛の自己処理をほとんどしなくてもいいレベルにまで脱毛をすることが出来ます。

「え、永久脱毛だから永久に脱毛しなくていいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、実は永久脱毛というのはそういう意味ではないんです。

実は「脱毛終了から1ヶ月経った後、毛の再生率が20%以下であれば」永久脱毛と呼べてしまうんですね。

現在では、体の毛を1本残らずになくすということは不可能のようです。

それは毛には毛周期というサイクルがあるのが理由の1つです。

「成長期」「休止期」「退行期」という3つの期間があるんですが、その「成長期」の毛にのみ光脱毛は効果があるんですね。

しかし、毛というのは自然に抜け落ちたりしてしまうものなので、脱毛サロンに行く時に必ずしも成長期だとは限らないんです。

ですが、先述した通り自己処理はちょっとで済みますので最初に比べると遥かに楽になります。

それでも、それよりももっと確実に「永久脱毛」に近付けたい場合は電気脱毛(針脱毛)をオススメします。

電気脱毛とは、現在ある脱毛方法の中で最も効果の強い脱毛です。

直径0.05?0.15mmの針(プローブ)を毛穴に差し込み、そこから電気や高周波を流すことで毛根部を破壊するという方法です。

昔から行われている方法で、歴史・実績のある脱毛方法なんです。

また針を毛穴に刺すということから、ちょっと痛いのでは...と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが痛みはそれほど感じません。

最後の1本まで確実に処理することが可能なので、ツルツルなお肌を手に入れたい人にオススメです。

ですが、電気や高周波を使用するため妊娠初期の人や熱が38度以上ある人は施術を受けることが出来ません。

また、治療の回数や時間が長く、治療の費用が高いことも特徴です。

ひざ下や腕など広範囲の脱毛には向いておらず、ワキやビキニラインなどの部位向けとなっています。

なので、ワキやビキニラインなどを電気脱毛で処理し、後は脱毛サロンで全身脱毛をするというのも一つの方法ですね。

腰脱毛ってこんなの!

脱毛サロンで脱毛施術を受けたい部分と言えば、やはりムダ毛が濃く人目に晒されるような部位だと思います。

ヒザ上・ヒザ下はもちろん、キャミソールやノースリーブを着た時に露出するワキや、VIOラインなどのビキニラインを綺麗にすれば水着を着た時なども安心出来ますよね。

目に見える部分ならば、最悪脱毛サロンでなくとも自分で脱毛処理が出来ますが、実は目に見えない部分の方が怖いんですよね。

背中や腰、うなじなどは普段あまり自分が気にしない場所だと思います。

なので、人に指摘されて毛の濃さに気付いたり、髪の毛をアップにした時に気付いたりする人も少なくないんですよ。

背中の脱毛は聞いたことがありますが、腰の脱毛ってあまり聞きませんよね。

腰というのはいわゆるウエスト部分なのですが、特にここの毛が濃い人ってあまりいないと思います。

なので、あまり人気がないというか優先順位が低い部位だと思うんです。

部位脱毛の場合も、背中のパーツとお尻のパーツに別れてしまっていることが多いですね。

なので、背中の脱毛をする際、お尻の脱毛をする際についでに脱毛をするか、全身脱毛の際に一緒に脱毛をしてもらうという人が多いようです。

背中・腰・お尻は自分ではどうしても処理し辛い場所なので、脱毛サロンでやってもらうと肌トラブルもなく安心ですね。

また、あまり毛が濃くない部分なので自己処理で済ませてしまう人も多いです。

毛が濃くないので処理自体は難しくないのですが、やはり後ろにあるので直接自分の目で確認出来ないため、適当にやっていると怪我をしてしまうことがあります。

自分で処理をする際は、必ず鏡などを使って、出来るだけ安全な電気シェーバーで処理をするといいと思います。

もしくは家族や友人などに協力してもらって家庭用脱毛器で処理をするのもいいですね。

脱毛テープも効果的だと思います。

ただし髪が長い人はつい髪の毛まで巻き込んでしまうことがあるので、髪の毛をアップするか人に手伝ってもらうようにしましょう。

腰の脱毛をすれば、ローライズのパンツや水着などが安心して着れるようになりますね。

脱毛サロンでの部位脱毛は人気のコースですが、特に人気なのは足だと思います。

特にヒザ下脱毛はやっている人は多いですよね。

私服でスカートやショートパンツを履く人が多いという人もそうですが、職場でも制服でスカートを着る人は多いですからね。

ヒザ下の脱毛処理って、自分でやろうとしてもかなり難しいところなんですよね。

まず肝心な膝の部分は関節なので、足を曲げた状態じゃないと綺麗に剃ることが出来ませんし...。

というか、脱毛サロンの場合ヒザ下というのはどこの部分を指しているのか、ちょっと曖昧ですよね。

実は、脱毛サロンのヒザ下脱毛の範囲は「ヒザの少し下から足首まで」を指すので、ヒザそのものは含まれないんです。

いわゆるふくらはぎの部分ですね。

なので膝小僧部分を脱毛したくても「ヒザ下脱毛」では出来ないので注意して下さいね。

大体何回くらい通うと綺麗になるかと言いますと、これも個人差があるのでハッキリとは言えないんですが一般的には6回程度と言われています。

もちろん毎月通うわけではなく、2?3ヵ月に1度のペースで通っていくことになります

料金ですが、一般的にヒザ下脱毛は高くなりがちです。

なぜかと言いますと、他の部位に比べて脱毛する範囲が広いからです。

ワキ脱毛などと比べるとわかりやすいですよね。

なので、敢えて全身脱毛をしてヒザ下を含め他の部位も脱毛してしまうという手もあります。

合計金額としてはもちろん高くなってしまいますが、結果的にはそちらの方がお得なんです。

あるいは、初めて通う脱毛サロンを利用する場合は初回限定のキャンペーンを利用出来る場合が多いので、そちらを適用してもらってお得に施術出来る場合もあります。

ヒザ下脱毛をするメリットはたくさんありますが、まず何と言ってもファッションの幅が広がりますよね。

今までタイツやロングスカート、パンツなどで隠していたムダ毛や黒いポツポツがなくなり、自身を持って生足を出せることは嬉しいことです。

それに自己処理をしなくていい分、手間も省けますし自分の時間も増えます。

脱毛サロンで行われている光脱毛は、メラニン色素に反応する熱エネルギーを肌に照射し、毛の細胞を破壊していくという方法です。

熱エネルギーはメラニン色素の濃い「ムダ毛」に反応するものですが、もちろん肌もそれを浴びてしまうのである程度のダメージを受けてしまいます。

そして稀にですが「火傷」になってしまうこともあるんです。

火傷に気付くポイントはいくつかあります。

施術後は施術部位全体が熱く感じられ、腫れぼったい感じになる上に全体的にピンクがかった色になります。

施術中に「バチッ」という音がしたり、施術が終わった後に施術部位が他と比べてひときわ熱く感じる時などは火傷の可能性が高いので、その場でサロンの方に申し出ましょう。

施術が終わると、サロンではアフターケアと言って冷やしたタオルやガーゼで肌を冷やしたり保湿してくれます。

普通この時には肌の赤みなども落ちついていくのですが、火傷をしている場合はそこだけ徐々に熱感が高くなっていきます。

0.5mm?2.3?のサイズの赤い部分が出来ていたら、そこは火傷をしている可能性が高いです。

恐らくそういった場合はエステティシャンの方が見つけ、念入りに冷やしてくれると思います。

万が一気付かない場合もあるので、着替えなどの際に自分でくまなく赤い部分がないか調べておきましょう。

帰宅してからも肌の赤みが続いていることはよくあります。

ホームケアとして、自分でその部位を冷却することも大事です。

ですが、帰宅後も肌のヒリヒリが続くようであればその部位を確認してみてください。

もしかするとその時に先ほどの赤い部分に気がつくかもしれません。

更に、中央が白くふやけたように盛り上がっている場合はそこが水疱になってしまう可能性が高いです。

その場合でもやはり最善策は冷やすことであり、冷やしたタオルなどよりもアイスノンや保冷剤など、部位をしっかり冷却できるものを使用する方が効果的です。

そして、出来るだけすぐに脱毛サロンに連絡をしてその後どういったことをすべきか指示を仰ぎましょう。

脱毛サロンの選び方でオススメなのは、最初から候補を1つのサロンに絞らないことです。

最初にネットなどで情報を調べると思いますが、まず大抵の人は自分が脱毛したいコースの金額でサロンを絞りますよね。

人にはそれぞれ予算がありますから、それでいいと思います。

支払い方法も、最初にすべての金額を支払っておく前払いや月払い、都度払いなどサロンによって対応している方法が違うので、事前に調べておきましょう。

そして次に、自分が通いやすい場所にあるかどうかだと思います。

自宅の近くにサロンがあればもちろんいいのですが、そう都合よくはいかないものですよね。

例えば駅の近くにあるサロンなら電車でも通いやすいですよね。

駐車場があるサロンや、近くにコインパーキングがあるサロンであれば、運転免許を持っている人は車で通うことも出来ますよね。

立地条件が悪い、通いにくい場所にサロンがある場合は、いくら価格が安かったりしてもそのうち行くのを止めてしまう可能性があるためオススメしません。

それらのことを考慮しつつ、脱毛サロンの候補をいくつかの会社に絞り、そしてそれらのすべてのカウンセリングを受けてみましょう。

ネットの口コミや、脱毛サロンのホームページを見ただけではわからないこともあるんです。

例えば、スタッフやエステティシャンの対応。

もちろんホームページにはいい情報しか書いていないので、実際に行ってみるとスタッフの対応がすごく無愛想だった、エステティシャンの腕が悪かった、などということもあります。

なので、カウンセリングに行って対応を見るのもサロン選びのうちです。

そして、サロンの衛生面のカウンセリングで調べておきましょう。

サロンは綺麗に掃除されているか、ベッド、タオル、ガウンは汚れていないか、水周りも綺麗かどうか、などです。

サロンの衛生面なんて基本中の基本ですが、だからこそちゃんと調べておく必要があるんです。

中には無料でテスト脱毛を受けさせてくれるサロンもありますし、ワンコインでお試し脱毛が受けられるサロンは沢山あるので、一度試してみるといいかもしれません。